• TOPICS

    出産が待ち遠しい夫婦

    不妊に悩んでいるなら代理出産を検討してみるのがおすすめ

    不妊治療を受けても効果がないと悩む女性は多いのではないでしょうか。実際日本でも子供が欲しくても授かることができない夫婦は少なくありませんし、不妊は大きな問題となっています。手術で子宮を摘出してい…

    read more

    母と子

    代理出産とは?仕組みや流れを紹介

    不妊治療のひとつの治療方として注目を集めているのが代理出産です。代理出産とは、体外受精を行った受精卵を第三者の女性が出産する方法です。代理出産の流れは、まず専門機関に申し込みを受け、カウンセリン…

    read more

    マタニティ

    海外では代理出産を選択する夫婦が少なくない

    愛し合って結婚しても、病気や先天的な理由により子供が授かれない夫婦は多くいらっしゃいます。そういう夫婦達の救いとなるのが、代理出産です。日本ではあまり馴染みのない代理出産ですが、海外では不妊の夫…

    read more

    笑顔の妊婦

    新しい不妊治療である代理出産とは?

    世の中には数多くの妊婦の方が存在しています。しかし、病気など、さまざまな理由から妊娠することができない体になっている女性がいるのも現状です。そんな女性たちを救う新しい不妊治療が「代理出産」です。…

    read more

ほほえましい親子

不妊治療と代理出産という選択肢

日本人の親子

病気などなんらかの原因で子宮に問題がある場合、どれだけ不妊治療を繰り返しても妊娠できない可能性があります。子宮の問題で妊娠をすることができなくても、夫婦の子どもを諦めることができないという場合は、代理出産という選択肢があります。
代理出産とは、夫婦の精子と卵子を受精させた受精卵を、健康で元気な第三者の子宮に移植して出産をして貰う方法です。この方法であれば、子宮に問題があり妊娠ができない人でも、子どもに夫婦の遺伝子を残すことができます。そのため、生殖器に問題があることで妊娠ができない状態が続いているのであれば、代理出産という方法も候補に入れておくと良いでしょう。
そんな代理出産は、病院で相談をしても行うことができません。依頼をする場合は、エージェントに相談をするという形になります。依頼をするためには、子宮の状態や年齢などいくつかの条件があります。こうした条件をクリアしているかなどを確認し、そこから面談や代理母探しが始まることになりますが、この準備期間だけで1年以上かかることは少なくありません。それだけに、代理出産を希望しているのであれば、早めにエージェントに相談をしておくことがおすすめです。

不妊治療でも授からないときは代理出産という方法もある

代理出産は、男性には問題はなく女性側の体に問題がある場合に検討することができます。妊娠を望んでいる女性が別の人に赤ちゃんを産んでもらう方法です。子供が生まれたら引き渡すことを約束して妊娠や出産を行います。
どうしても自分の子供が欲しいと思ったときに、赤ちゃんに恵まれないことがあります。女性の体が弱いときや病気があるとき、子宮に何か問題があるときなどが考えられます。医療が発達し、不妊治療で人工授精や体外受精などを何度行ってもできない人もいます。
代理出産には、別の女性から卵子と子宮または子宮のみのを提供してもらいます。子宮に問題があっても卵子に問題がない場合は、卵子を使うことが可能です。夫婦の遺伝子を持つ赤ちゃんを誕生させることができます。
精子と卵子は体外受精させます。受精卵を出産する女性の体に移植します。子宮は赤ちゃんのベッドです。おなかの中で栄養や酸素をもらいながら、分裂を繰り返して育っていきます。
出産するのは別の女性ですが、赤ちゃんは夫婦の遺伝子を持って生まれてくるので、夫婦に似た子が生まれてきます。代理出産は、夫婦の子供が欲しいと望んでいる方の新しい希望であり、大切な子供に会うための一つの手段になります。

代理出産のエージェンシーってどんなことをしてくれるの?

妊活をしているのになかなか子供ができない場合、どうしても子供が欲しい時には不妊治療を行うことになります。不妊治療には不妊の原因に応じて様々な種類がありますが、そのなかに代理出産というものがあります。代理出産とは夫婦の精子と卵子を体外受精させて、その受精卵を代理母に移植して産んでもらうという方法です。代理出産には代理出産エージェンシーの存在が必要不可欠ですが、代理出産エージェンシーとはどんなことをしてくれる組織なのでしょうか?
そもそもエージェンシーとは、代理業とか代理店という意味です。つまり、代理出産の代理店、というような意味なんですね。代理出産エージェンシーの代理出産プログラムに申し込むと、代理母の手配や受精卵の培養、移植、代理出産を行うための手続きや、医師、弁護士、カウンセラーなど専門スタッフの手配、宿泊が必要な場合のホテルの確保といった、代理出産をするために必要な様々なことを行ってくれます。
個人で手配するのが難しいことを、代わりにやってくれるのが代理出産のエージェンシーということですね。そのため代理出産をしたいと考えている場合には、信頼できる代理出産エージェンシーを見つけることが大切です。